2016年に早大学院中学部合格を目指して社会の勉強をしていましたが、ふと気になったことが……。
一昔前までは中学受験は一部のお子さんだけが挑戦するものでしたが、現在では多くのお子さんたちが中学校からの受験をしていくようになりました。そのような需要が増えたため、現在では多くの塾が学校の学習のフォローとしての塾ではなく受験を視野に入れた受験コースを用意しています。

塾選びは人それぞれです。家庭教師、集団塾、個別指導塾等様々な形態の塾がありますが一概にどの塾が一番中学受験に向いているとは言えません。大切なのは学習方法や塾の方針にお子さんたちがどれだけあっているかを考えてあげることです。

中学受験の最初の一歩

中学受験は大学受験や高校受験とは異なりお子さん自身が受験に対してのモチベーションを上げていくのは難しいものです。そのため、お子さんのモチベーションを上げていくことも大きな課題として挙がってくるのです。

もちろんどの中学校を受験するのかによって強い塾は変わってきますし、塾の先生方によっても合否は変わってきます。しかし続けられなくては何の意味もありません。まずはお子さんとなぜ中学受験をするのかを話してどの程度モチベーションがあるのかを確認し、そこからお子さんの性格や偏差値とやる気に合った塾を探していくのが中学受験の最初の一歩とお考えください。