本格的な受験勉強を始めていかなければならないのはいつからになるでしょうか?目安とはなりますが4年生か5年生あたりから始めることが多くなります。それまではあくまで習慣付けることを目的として塾に通っていた人たちもこれくらいの時期から受験を強く意識して取り組み始めます。

4年生と言えばまだ受験は2年以上も先の状態ですがこの時期から始めていくことは決して早すぎるということはありません。幼いころから勉強をする習慣がついていれば机に向かっていくこと自体にはそこまで苦は無いかと思います。しかし、この時期からは学校と塾の両立を意識していかなければならないのです。

大学の私大受験などであれば学校の勉強自体はそこまで力を入れていく必要はありませんが、中学受験では学校の方もおろそかにすることはできません。内申点を上げていく必要な学校もあるうえ、受験では学校の先生方のサポートも必要となります。

学校の授業と塾の授業を両立していくのは思いのほか大変です。なぜなら、それまでは学校の授業に対しての勉強に対して2の時間をかけて丁寧に覚えていたのが、塾と学校でそれぞれ違うことを始めると一つの物に対して使える時間が1になってしまうからです。つまり時間を効率よく集中して一つのことを覚える時間を半分にしていく必要があり、その上でやることが増えてしまうのでしっかりと整理もしなければいけません。そのため、4年生あたりからそれに慣れておく必要があるのです。