個人指導の塾の場合はカリキュラム自体を一人一人考えて作ってくれることが多いですが、それと同じくらいに大切なのが個別の課題です。目標の設定がなくとも勉強ができるお子さんばかりではありませんので、先生方から課題を設定してもらうと迷わずに勉強ができるようになります。

受験が本格化した後は自習室があるような塾であれば話は変わりますが、そうでなければ家で勉強する習慣は必須となります。ですが何をどのように進めていけばいいのか分からないと達成感も薄く、続けるのは困難なものとなります。その点一人一人にあった課題を出してもらいそれをいつまでに終えていけばいいのかを明確にしてくれるのであれば、お子さん自身から机に向かっていくことが出来るようになります。

このように個別の課題はモチベーションの向上にも繋がりますがそれだけではなく、成績、学習効率の向上にも繋がります。宿題が出て終わらないと怒られるからとりあえず終わらなければいけない。このように考えて学習を進めていくと途中でしっかりと理解できていない部分が大きくなり、結局もう一度最初からやり直さなければいけない状況も起きてしまいます。

各生徒がどれだけ理解しているか、どれくらいの物なら一日で覚えることが出来るのかを把握しながら出してもらった課題は無駄や無理なく知識を増やし、理解を深めることが出来るため成績も上がりやすくなっていきます。