小規模人数の塾のメリットはお子さん一人に対して先生が割くことのできる時間の多さにあります。小学生くらいのお子さんでは自分で物事を考えて進めていくと言うのはまだ少し難しいことが多くなります。その際に先生がついてくれる時間が多くなればより効率的に学習を進めていくことが出来るようになります。

また一人あたりに関わることのできる時間が多いため、様々なケースに柔軟に対応してくれることが多いのも魅力の一つとなります。カリキュラムの調整もそうですが、受験が近くなってくると親子共にプレッシャーがかかってきます。特にお子さんは頑張っている子こそ不安になってしまうことが多いのです。

頑張っていない事で失敗しても精神的なダメージは大きくありませんが、自分が頑張ってきたことで失敗してしまった場合はかなり大きな精神的なダメージを負うことになるので不安も大きくなるのです。ですが小さな規模の塾であればその不安を軽減させるためにフォローをして下さるので落ち着いて受験に向かうこともできるようになります。

このように柔軟な対応はお子さんにとってしっかりと自分のことを考えてくれる人だと認識されるので、自然と先生のいうことも聞くように学習意欲の向上にも繋がっていきます。