映像授業をメインで取り扱っている塾とはどのようなメリットがあるのでしょうか?第一に挙げることが出来るのは受講日程の自由度の高さです。映像授業をメインで扱っている場合は視聴可能な時間が多くなりますので他の習い事などと併用して行っていくことが良いになります。

また、映像授業は人見知りの激しい子や自分のペースで進めていきたい子にとってはとても便利な方式となります。映像の授業だけでは心配だと言う方も多いかと思いますが最近では映像授業の後に個別で質問を受け付けるフォローをしてくれている塾もありますのでそちらを検討してみても良いでしょう。

人見知りは激しけれどやはりライブの授業を受けさせたいという場合も、校舎で教えている先生が映像を担当している場合であれば最初のうちは映像授業でお子さんをその先生自体に慣れさせていき、最終的にはライブの授業で受講していくと言うのも一つの手となります。

映像授業の場合は自分の希望する先生の授業を選択して受講することも出来ます。そのため校舎ごとの違いや、先生毎の違いなどで塾のシステム自体は良いのだが想像していたものとは違うものになってしまうという状況も減らすことが出来ます。