自習室のある塾は、特に長期休みの際に大変役に立ちます。中学の受験であれば周囲の子供たちが全員受験をしていくわけではありませんので長期休みはある意味高校受験や大学受験と比べても誘惑の多い時期となります。その点で普段から自習用の教室が解放されている塾であれば、学校のない日は塾に登校して勉強をする習慣を付けることが出来るので受験生にとっては便利な場所となります。

休みが無くては息が詰まってしまうのでないかと思われる方もいるかとは思いますが、人間習慣化してしまえば慣れてしまうものですので、可能であれば早いうちから受験とはそのようなものだという認識を持てるようにした方が後が楽になります。

また家や学校とは異なり、塾の自習室では同じ受験生が勉強をしている状況になるので非常にサボりにくい環境が出来ています。そのため、家ではだらけてしまうお子さんや、周囲の環境に流されてしまいやすいお子さんにとっては大変勉強しやすい環境となります。

受験では自分だけではない、他の人も頑張っているのだと把握することは自分も頑張らねばならないという危機感と共に、自分は一人では無いのだというモチベーションの向上にも自然とつながっていきます。