中学校で公立中学に行くのメリットは何があるでしょうか?公立の中学校に通う一番のメリットはその普通さにあります。このように書いてしまうとメリットはないのではないかと思われてしまうかもしれませんがそんなことはありません。

公立の場合は受験をしない場合と中高一貫の公立中学を受験する場合の二つのパターンがありますが、今お話した普通さというのは受験をしない場合のメリットです。受験をした場合は確かに同じくらいの学力の生徒がいる中適切なペースでの学習を図ることが出来ますのでそれは確かに一つのメリットとなります。

しかしその逆で様々なお子さんがいる公立高校で多くの経験をしていくことも大きなメリットにはなりえます。なぜなら、社会に出てからは職場など以外では本当にさまざまな方と関わる機会が増えてきます。その時にそれまでどのような人と接することがあったかは明確な強みになりえるのです。

また公立の中高一貫中学は私立と同じように大学受験を目指したカリキュラムを組んでいる上費用も安くなります。そして一昔前までは公立の中高一貫校は受験対策が出来ないと言われていましたが、今日では公立中学受験をうたっている塾も出来てきましたので、一つの選択肢として考えてみるのも良いでしょう。