塾を1つに絞って勉強をしていくことには大きなメリットがあります。それは塾のシステムを充分に活用しながらサボることの難しい環境を作り出すことが出来るからです。

まず、塾によって指導方針や勉強方法は異なることが多々あります。そしてそれは時に混乱を招く場合があります。例えば褒めて伸ばす方針の塾と厳しいことを言いながら伸ばしていく方針の塾に通っていたとします。そうなると子供は片方の塾では褒められ続け、もう片方の塾では叱られ続けることになります。

そのような状態になると自分が本当は出来ているのか出来ていないかが分からなくなりどちらの言うことを聞けばよいのか悩んでしまうのです。そして人間は自分に甘くなってしまう時もありますのでしっかりと自立したお子さんであれば問題はありませんが、褒めてくれる先生のいうことばかりを聞くようになってしまうことも多々あります。

また両方の先生から課題が出されたり勉強方法を指導された際に、もう片方の課題が忙しいと理由を付けて結局両方をやらずに終わってしまったり、簡単な勉強方法に流されてしまうことが多くなってしまい、結果としてはどちらの先生の指導に対しても中途半端になってしまうことがあります。