中高一貫校やエスカレーター式に大学まで進学できる学校は中学で受験をする意味の大きな部分を取ります。エスカレーター式はメリットがわかりやすいですがなぜ中高一貫の学校を受験していくのでしょうか。その意味の一つは大学受験を視野に入れているからです。まず、中学校と高校がそのまま持ちあがりになるため、高校受験を考える必要がありません。

高校受験を考えた場合は中学校の3年生の半ばからは高校受験の対策をしていく必要が出てくるため一度進度が落ちてしまいます。その点高校受験が無ければ大学受験に向けてそのままペースを落とさずに行くことが可能となります。また、中高一貫校は大学受験の指導に熱心な学校も多いため比較的堅い校風のところも多く見られます。

また中学校と高校で先生が持ちあがりになっていく学校もあり、生徒と先生の信頼関係を時間をかけてゆっくりと気付きあげていくことが出来るのも大きな特徴となります。中学校の受験ももちろん大変なものですが、大学受験などは輪をかけて大変なものとなりますので、そのような状況の中長い間指導してくれた先生方が横にいてくれているため、安心をして受験に向かっていく体制を整えることが出来ます。