塾では一見受験と関係が無いように見えるイベントを多数行っていくところもありますが、一様に否定はしないで上げていただきたいと思います。

塾でハロウィンやクリスマスなどのイベントをおこなっている場合それは集客を狙ったものであることも否定はできません。そして進学塾で多すぎる頻度でそのようなイベントをおこなっている所は避けた方が良いでしょう。しかし、そのようなイベントは集客を狙ったものだけではありません。

ハロウィンやクリスマスなどは一見受験とは何も関係の内容なものに見えます。そして実際その内容は関係のあるものではありません。しかし集客以外の目的もしっかりと存在しているのです。それは多くの場合生徒の緊張緩和の為です。大学受験や高校受験のように生徒がある程度大人になっていれば受験だからと割り切ることはできるかもしれませんが、小学生に対しては少し難しい話です。

常に緊張が続く場所に行きたいとはだんだんと思うことが出来なくなっていくのです。その為、塾では適度にそのようなイベントを行い生徒の緊張を軽減して勉強に取り組みやすい精神状態を作り出していくのです。

適度なイベントごとを催している塾は集客だけを考えているわけでは無く、むしろ生徒のことを考えている塾の可能性を否定してはいけません。