塾を併用する際のメリットは何と言っても先生を選択する自由度が高くなることです。強化によって理科ではこの塾の先生、国語ではこの塾の先生といったように希望する場合は先生が異なる塾に努めていることも多々あります。また、国語は昔から教わっているのでこの先生が良いが理科はその塾では扱っていないので他の塾を探しているという場合もあるでしょう。それ自体は問題のあることではありませんがそのように塾を併用して利用していく際には二つだけ注意をしなければいけないことがあります。

塾は先生の指導方針ももちろんありますが、それ以前に塾自体の指導方針も持っています。そしてその指導方針におおきな違いがある場合はお子さんを混乱させてしまうことがあるのです。そのため塾を併用する際は、先生を見るのももちろん大切ですが併用する予定の塾の指導方針も近しいものを選ぶことが大切になってきます。

また塾の時間割に関しても注意が必要です。個別指導の塾であればそこまで気にする必要もありませんが、集団指導の塾では生徒一人の理由では時間をずらすことが出来ません。そして、通常期や夏期講習などでは時間割が変わる塾がほとんどです。そのため、塾を決める前に直近の時間割だけではなく他の期間の時間割なども確認してどちらの塾にもしっかりと出席できるように注意することが必要です。