中学受験では入試の際に面接もあります。これに関しては学校でも塾でも構いませんので事前に何度も練習しておくことが大切となります。面接で実際に聞かれる無いように関しても大切にはなりますが、それ以上にしっかりとした受け答えができるかがポイントとなります。例えば、挙動不審な行動をとらない、ハキハキとした発言、困った時にすぐに親の顔を伺わない等があげることが出来ます。これは面接という状況になれることが出来るものになるので何度も繰り返しておき余計な部分でのマイナスは避けるようにしましょう。

また内容に関して注意を払うべきポイントとして「嘘をつかない」ということと「ネガティブな発言をしない」ということがあげられます。これは一見難しいように感じますがそんなことはありません。嘘をつかないのであればどうしてもネガティブなものは出てきてしまいますがそれは二つの方法で回避することが出来ます。一つはマイナスイメージの物をプラスに変えることです。

例えば臆病を慎重、落ち着きがないを好奇心旺盛などに変換してしまうことです。そしてもう一つはネガティブな発言はあれどその後に現在その改善のためにしていることを付け加えていくことです。例えば苦手科目を聞かれた場合は本当のことを言うしかなくなります。しかしその後に何故その科目が苦手で改善のためにこのような努力をしていると話していけば逆にプラスのイメージとしてとらえられるのです。

面接は重視されない場合も多くありますが緊張をしないようにしっかりと事前に準備をしていく必要があります。