国語の成績の上げ方に関してはいつから受験を視野に入れていくかによってかわっていきますが、まずは低学年からの学習を視野に入れたお話をしていきます。

低学年から受験を視野に入れて学習する場合はやはり読書をしていくことと、会話をしていくことが最も強力に地力をつけて行く方法となります。中学受験では語彙量を問われるような問題が多く出題されるため読書と会話でカバーできるものは多くあります。ここで注意してほしい点は読書をさせていくときに最初はお子さんの興味がわくもので構いませんが、しばらくしたら偏りの無いように親御さんがジャンルを調整してあげて下さい。文章に親しむというのも大きな目的となりますが、本を読んでいく上でジャンルなどに偏りが出ると考え方が一辺に凝り固まってしまうこともあります。

また高学年から受験を視野に入れた場合は、内容は同じではありますがとにかく語彙量の強化となります。読書をしていくことが出来れば良いのですがあまり時間もありませんので、勉強として覚えることをメインでやっていくのが良いでしょう。ただし、それでも最低限押さえておきたい本はありますので塾の先生などに相談して少しで良いので読書週間をつけて行く必要があります。