算数の成績の上げ方に関しては単純ではありますが「理解」の段階を決しておろそかにしないで上げるのが長い目で見た場合には最も効率が良い勉強方法となります。

なぜ理系科目が苦手になる子がいるのかを考えてみてあげて下さい。それは意味が分からない、いつ役に立つのかが分からないと言う子が多いためです。なぜなら小学校での学習は基本的には必要事項の反復練習といった形式が多いためです。もちろん、これはとても大切な事ではあるのですが、理解がどうしてもおろそかになってしまうことがある為その段階で理系嫌いの子が生まれてしまうのです。

なので暗記系は得意ではあるが理系は苦手だということにならない為には根気よく付き合ってあげることが何よりも大切です。お子さんは大人からしてみればなんでそんなことが分からないのかと思うような質問をすることがありますし、説明がとても面倒な質問も多々あります。ですがそれを一つ一つ丁寧に教えて行ってあげることで知ることの面白さや、論理的な思考力を育ててあげることが出来ます。

論理的な思考力の醸成は算数のみでなくすべての科目に通じていきますし、高校受験、もっと言ってしまえば大学受験まで必要になる為、小学生という吸収が早い段階で是非身に着けておくべきこととなります。そして問題を数多く解かせていくことが必須となりますので問題演習の時間も一定量以上は取るようにしていきましょう。