理科に関しての成績の上げ方で最も有効なのは実験と日常にある現象を理解させてあげることです。これも低学年からの学習方法はやはり興味を引いてあげることから始めて行ってあげるとストレスもなく勉強を進めていくことが出来ます。日常生活のちょっとしたことでも一緒に話していけばお子さんの考える力、疑問に思う力も同時に伸ばしてあげることが出来るのでお子さんと話す機会はしっかりと取るようにしましょう。

高学年からの理科ののばし方はやはり暗記メインの物となっていきますがここで大切になるのが算数です。同じ理系科目なので何となくお分りになる方もいるかとは思いますが、ここで算数が重要となる一番のポイントは論理的な思考力です。理科でも暗記で乗り切ることのできる単元というのは多く存在しますが、最終的には論理的な思考が出来ないと詰まってきてしまうものも多々存在します。

これを回避していくためには「なぜ、なにが、どうなるのか」を意識させながら勉強をさせていくことが必要になるのです。算数の際にのなぜを大切にしながら、勉強の際に身近なものを思い浮かべながら考えていく癖をつけて行くことが出来れば理科は怖くはありません。むしろ興味を引きやすい科目ですので有力な得点源とすることが出来ます。