私立中学に通うメリットは何と言っても大学受験を視野に入れた勉強を中学生のうちからおこなっていくことが出来るということです。公立高校の多くは大学受験の対策は後回しになってしまいがちで高校3年生になってから受験が本格化することも多々あります。

しかし私立の中学は多くが中学生のうちから大学受験を視野に入れて行動を始めるので後で焦ることが少なくなります。エスカレーターで高校までは進学できる所や問題が無ければ大学までもそのまま進学できる所が多いので集中して勉強をしていくという意味では特化型になることは多いですが望んでいる完成された環境を用意してもらうことが出来ます。

また、私立中学はその学校ごとの特色があったり男子校や女子高も多くあります。一概に共学、男子校、女子校のどれが良いということはできませんがお子さんの性格に合った環境を用意してあげることが出来るのも大きなメリットの一つと言えるでしょう。公立高校は良くも悪くも平均的な為何かに特化しているものを望む場合や、避けておきたいものがあるのであれば各学校の特色を理解した上で私立中学校を受験していくのは、お子さんの性格と成長を考えるのであれば良い選択肢となります。