受験生とはいえまだ小学生ですのであまりハードな受験生活は避けておきたいところです。大学受験ともなれば体もすでに出来上がっており精神面でもある程度ではありますが耐性も出来ていますので、多少の無茶はさせてしかるべきかもしれません。しかし小学生のうちは出来る限り規則的な生活を心掛けなければいけません。睡眠時間や食生活だけでなく、運動に関しても気を使ってあげて下さい。

この年頃は体を成長させるうえでもとても大切な時期となります。その時期に無理に勉強をして睡眠時間を削り、食生活が偏り、さらには運動不足となってしまっては元も子もありません。また対人関係のスキルを得ていくのもこの時期となりますので受験一辺倒の考え方はやめた方が無難です。本格的に受験に力を入れるのは高学年が近くなってからにして低学年の時などは勉強をする習慣を付ける必要はありますが同じくらい遊びや運動をするための時間を取ってあげるようにして下さい。

高学年になってからも食生活はもちろんですが、睡眠時間は最低でも6時間以上は取り、軽い運動をする時間も作れるように配慮した上で受験をおこなっていくことが出来るようにスケジュールを組んであげて下さい。